こんにちは!佐々木モモコこと、ササモモです。ドローンを始めるときどうしたらよいの?ドローンスクールってなに?これからドローンに携わるみんなに読んでもらいたい『ドローンおのぼりさん向け』ブログです!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がドローン操縦士になるためにした7つのこと

ドローンYoutuber 佐々木モモコがドローン業界を追いかけます!

ドローン操縦士って何?

こんにちは、ホテルの食事選びに人生をかけています
ササモモです。


最近、ドローンを持って全国行脚できそうなので、ついでに『地域ドローン操縦体験1万人プロジェクト』というのを掲げて、みなさんの地域を回っています。ぜひ開催するときにはいらしてください(о´∀`о)
f:id:momo41_1:20161020183335j:image


さて、今日の議題は”ドローン操縦士”ってなに?です(笑)別名ドローンパイロットとも呼ばれますが、これって何か基準はあるのか?という素朴な疑問。

このブログのタイトルにしてしまった『私がドローン操縦士になるまでにした7つのこと』ですが、最近感じるのが、どうやったら操縦士になれんだ?ということw

・養成スクールに通ったらなれるの?
・資格持っていればなれるの?
・検定1級とったら何か優遇される?
・何もなくても飛ばしていいの?!

などなど、どうしてもこういう考えになりませんか?(*´-`)

基準がないんですよ!

資格や認定証がなくたって国土交通省に申請をして、仕事として活動を始めている方は沢山いるし、私的にあまり納得いってないので答えをみんなと考えたいな、と。

みんながドローン操縦士になりたいなーって思って、まずは学校調べますよね。通う前に適正についてお話しますね。


f:id:momo41_1:20161020183729j:image
車の運転と同じで適正はあります。
ドローンパイロットになる上で重要な点。

 

マルチタスクであること。

操縦士するときは、機体見て、周り見て、風を見て、画面見て、撮影の技術を常に錯誤して、さらに安全確保して、、
という感じで危険な状態になったときにあわあわ する人は性格を変えて行かないとならないです。

★次にプログレス。
操縦士は一回やったミスを何度もすることはゆるされません。1度やったことを繰り返さないためにどうするのかを考えて練習する気持ちがない方は、長続きしない気がします。次に上手くなっていればそれでOKなんです!

★さらにオールマイティーであること。
機械、力学、法律、人体、気象、映像。一つも逃していい情報や知識はなくて、様々な分野の勉強が必要になります。技術さながら、知識も勿論大事ですよね。

★さらに言えば、メンタルコントロールも大事。
先日空撮コンテストに出場して気がつきましたが、無駄に緊張するといい結果は出ないな、と思いました。
f:id:momo41_1:20161020183722j:image


どうでしょうか?向き不向きは、飛ばす人の性格によってかなり差が出ます。見ていて分かるようになってきました((((;゚Д゚)))))))あ、この人いずれケガする〜!みたいなw

JUIDA、DPA、DJICAMPなどドローンパイロット養成スクールが続々と登場していますが、いずれも免許制になるお話には触れず、各社の認定証を配っているといったイメージ。

これも素朴な疑問なんですが、スクールで40万払って卒業できない人いるんでしょうか?(爆)
f:id:momo41_1:20161020184110j:image


もはや真剣に操縦士育成しているのはスクールと言っても、DJICAMPだけな気もしないかい?といっても信用しているスクールももちろんあるのだけどね。

私が思うに「ドローン操縦士をしています!」と大きく胸を張って歩けるようになるには、様々な業界のドローンの活用方法を理解して使い方を指導できる人なのではないかな?と思うのですがいかがですか??((((;゚Д゚)))))))←自信ない

今日は北海道に来ています!▶︎Japan innovation challengeという災害救助のイベントへ参加するために来たのですが、朝起きたらあいにくの雨と雪でした。

 

プロモーション動画

https://youtu.be/Bi1QeQJJQbs

 

朝から温泉に入って、今ロビーでブログを書くという素敵な休日を過ごしています(●´ω`●)

人命救助を実際に行う際、雨でもなんでも行かなければならないということを考えると、この過ごし方はNGですよね。報道の方は熊本県で災害があったときにドローンを持ってすっ飛んで行きましたよね。素晴らしいなと。

このイベント内容については別のブログでお話ししますね!

適正はあくまでも”適正”であり重要なのは練習を積み重ねること。向いていなくても意識するだけで変わります、というか私がその1人だし。
なんか5年以上車の運転してなかったのに、ドローンで対面飛行練習をしてたからか、車の運転で最も嫌いだったバック車庫入れが、今はスイスイとできるようになりました(笑)

人間て努力すると報われるものですね(●´ω`●)w


それでは、次回『色黒になると腕毛が目立つことが発覚!気をつけて!』でお会いしましょう!