読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がドローン操縦士になるためにした7つのこと

ドローン主婦の佐々木モモコがドローン業界を追いかけます!

安全に飛行させるために。

ササモモです。

さて、今日はなんのお話かと言いますと。
ドローンは一度飛ばすと、あまりの楽しさに早く次も飛ばしたくなるものです。私の場合、今までにラジコンなどの操作を一切したことがなかったので、失敗ばかりでした。こんな流れで…

ドローン見る
ドローン買う
ちびで屋内練習
外で飛ばしたくなる
ちびで屋外練習
違うのも飛ばしてみたくなる
中くらいのドローン見る
飛ばす
屋外練習開始
ケガする
何気にめげない
ケガする
今度は痛い
FPV用の機体組み立て
楽しいけど、半田ごて怖い
FPV用の機体フライト
楽しいけど、壊したら高い
リポバッテリーで感電の危機
大きめのドローン飛ばす
ケガする
取扱説明書、読み直す
 

という具合に、結構ケガをしています(笑)
足にプロペラ当たって「いって!」なんてざらにあるし、あんなに小さくて可愛いドローンも練習しなければ、まっすぐも飛ばせません。小さいから簡単だろう!は、全くの間違いです(=゚ω゚)ノ

中くらいサイズになれば普通に手や顔も切れます。そりゃもうサクッと。

しっかり操作できなければ、いってみれば自分の方向に飛んでくる凶器です。ましてや大きいドローンが上から降ってくるなんて、まさに殺人。血だらけになるだけなら、まだよかった方です。

f:id:momo41_1:20160427073013j:image

取り扱いに気をつけてください。
ドローン飛行はとっても楽しいです!
でも楽しいだけじゃありません。

万全な準備をして、飛行前には整形外科がある病院の位置も調べておきましょう。

〈注意するポイント〉
★絶対に無茶をしないこと!
★救急セットは必ず持参すること!
★人の近くに寄せないこと!
★万が一ハンドキャッチするなら豚革の手袋を!
★説明書は必ず読んでおきましょう!
★自分の力を過信しないこと!

とにかく準備は大切です。
軽く飛ばしに行こう!というのはちびドローンサイズが限界だと思って頂けると良いと思います。

こんなにおどかしましたが(笑)
安全に飛行させるために、知識をつけることは当然のこと、第三者に絶対にケガをさせない訓練をしないといけません。
沢山失敗することは大切ですが、なるべく屋内で人のいないところで失敗しましょう。

私たちはこれからドローン業界を広げていきます。皆んなにこの革新をお届けするためには、安全な飛行がとても大事なことです。でないと一歩も進みません。盗撮とかもいけません。変な気を起こしちゃいけません。

わかりましたか?
特に女性!自分の身は自分で守らないといけません!聞き手が切れたら、家事できなくなるかもしれないし、顔が切れたら一生ものかもしれません。そんなことにならないように。。


どうか飛行させる際には、ここに書いたことを含めて遊びに行くようにしていただけたら、幸いです。

それでは
佐々木モモコ